沖縄紅芋タルト戦争
f0097066_10253634.jpg

かなり
ローカルな話。
先日
東京から来た
某商社の連中と
紅芋タルトメーカーの工場へ
行って来た!!

読谷村にある
秘宝館へ

イヤー
ポルシェと言う名の
マンマ
商標登録パクリ見たいな会社が
経営する。
趣味の悪ーイ!!
お菓子御殿へ向かうのかとばっかり
思っていたら。
「沖縄でもう一社、紅芋タルトを作っているメーカーが
あるんですよ!!」と
得意げな顔して
ナイチャー(内地人)に
言われちゃった!!
知らなかった(グスっ)
だって
最近は外のことあまりしらないもん!!

ふーンと
思いツツ!!
みょうに感心してしまった。
でもさー
紅芋タルトって
「美味くネーよ」何回か食べたけど
パサパサしてて
あまり紅芋の風味がなくて
素朴な田舎の菓子
ってな印象だった!!
だから
来沖してくる連中に聞かれても
「あんまり美味くネーよ」って
教えてた!!

そうこうしている内に
ナンポー通商
本社工場に到着!!

オー
駐車場に車を止めて
車外に出ると
「プーンー」と屁の匂い
ジャーなかった
焼き芋の
甘くてこうばしい香りがしてくるぞー
これぞ
紅芋の香りかっ!!

商談も
そこそこに
生産ラインの見学だ。
ドンドン
出てくる焼きたてのタルト。
「一つどうでうすかー」の
お誘いに待ってましたーとばかりに
焼きたてタルト(写真参照)を
ほうばっちゃった(パッくり)
ウ~ン
やっぱり出来立ては
「美味ー!!」

その後
マタマタ商談に移り
「これは2週間経過した」タルトですと言われ
マタマタ試食
やばー血糖値上がるぞーと
心配しつつ
食べてみると
アーラそんなに出来立てと遜色無いじゃん!!

ポルシェより
おいしージャン
しっとり感もあるし
紅芋の自然な香りと
甘味が美味い!!
色も
綺麗だねー
もちろんとばかりに
担当者がイロイロ説明
してくれた。
宮城島産紅芋100パー使用
相手ははインドネシア産紅芋も使ってるダー(嘘っ)
国産の小麦粉も100パー使用
その他
砂糖、塩、など主だった原料は
県産品を使用しており
かなり
材料にはこだわっているそうだ。(ウンウン)
原価率UP!!

もともとは
ポルシェから仕入れして
土産物店に卸す商いをしてたそーで
先方が
新型のタルト製造機を入れ替えた時に
旧型機械の払い下げを
お願いした所一つ返事で了解したそうだ!!(マジ)
もちろん
かなりな金額を払ったらしいけど!!(高い)

まっ
ポルシェにしたら
そこが
そもそもの間違え!!
後の祭り
敵に塩を送るようなもの
よっぽど資金繰りに困ってたのか
脇があまいってゆうか
沖縄っぽいよねー(大笑)
後先考えない沖縄人!!
なんくるないさーの精神!!

サー(愛ちゃん)
旧型タルト製造機を譲り受けたナンポウは
チャンス到来とばかりに
レシピの研究に研究を重ね
材料にこだわった紅芋タルトが完成したらしいよー!!
プロジェクトXだねー(根性)

もともと
卸業者だから
小売店との取引は
かなりの件数を持ってたし
営業部隊は強いし
新規開拓も得意ときた!!
あらーよーってなまに
ドンドン
シェアを拡大していき
現在
国際通りで営業している
ほとんどの土産物店
ナンポウタルト
並んでるらしいよー!!(素敵)

幸い
ポルシェタルト
直販店の販売のみで
ナンポウのシェア拡大には
さほど時間を要さなかった!!(進めー)
セコイ考えが
逆に自分達の首を絞めちゃった。
三ちゃん経営の弱さ!!
家来はだれも進言しなかったのー(怖い)

最近では
危機感を感じたポルシェは
卸販売をスタートさせたり。
ナンポウに対し
紅芋タルト名での
販売指し止めを求めてきたり(無効)
営業が競合する
土産物店などでは
ナンポウの商品は
防腐剤がタップリ添加されている
(きょうび防腐剤なしの食品なんか殆んどない)
パクリ商品ばかりで
などなど
数えたらキリがないほど
いろいろな悪評やデマを流され
攻撃されている(突撃ー)
しかし
最後は消費者の判断
われわれの
タルトは内容と営業力で勝負しますから
との頼もしい発言に終始していた!!(余裕)

金持ち喧嘩せずの精神!!(偉い)

新製品のバナナタルトも好調らしい!!

帰りに沢山のナンポウタルトを頂きましてありがとー!!

更なるシェア拡大をお祈りしまーす!!(進軍ラッパが鳴る)
[PR]
by kinjyo_ryo | 2006-10-20 10:25
<< Timberland 沖縄県知事選 >>